応物の今を語る。

時間割企画の一つでマネジメント班主催の企画です。応物の先生方のお話を直接聞くことができます。

日時

五月祭1日目5/20(土) 14:00-15:00

開催場所

工学部6号館2階63教室

内容について

東大の研究者って普段は何をしているんだろう、工学博覧会をやっている応用物理系ってそもそもどんなところだろう…。そんな疑問に答えるべく、弊学の応用物理系を代表する先生方にご登壇いただき、教授座談会「応物の今を語る。」を開催いたします。

登壇者紹介

計数工学科 稲見昌彦(いなみ まさひこ)教授

計数工学科 奈良高明(なら たかあき)教授

計数工学科 松尾宇泰(まつお たかやす)教授

稲見昌彦 先生

大学入学時は生物系を志していたが博士から情報系の研究に進み、今はVRの研究をしている。稲見研究室は「自宅よりも過ごしやすい場所」をモットーに、DIYの成果も交えた開放的な空間が広がる。

研究室HP:http://star.rcast.u-tokyo.ac.jp

奈良高明 先生

逆問題という研究分野に取り組んでいる。最寄り駅のジムで運動して帰るのが日課。ギターが趣味ということでジャズを好んで聴く。昨年冬の画像処理論の授業は物工・計数とも人気授業となった。

研究室HP:http://www.inv.ipc.i.u-tokyo.ac.jp

松尾宇泰 先生

微分方程式の数値解法を専門に研究している。独特な言葉遣いが特徴で、数値解析は「計算機の数学は壊れている。その壊れた数学をどう頑張って修復するかも数学者の仕事。」という言葉から始まる名物授業。

研究室HP:http://www.sr3.t.u-tokyo.ac.jp/matsuo

物理工学科 鹿野田一司(かのだ かずし)教授

物理工学科 沙川貴大(さがわ たかひろ)准教授

物理工学科 為ヶ井強(ためがい つよし)准教授

鹿野田一司 先生

ソフトマター、分子性物質の物理を研究している。話は白熱することが多く、量子力学第一や研究紹介ではその面白さについて熱くお話しをいただいた。食堂でのメニュー選びは結構悩む派らしい。

研究室HP:Kanoda Lab.http://park2014.itc.u-tokyo.ac.jp/kanoda_lab

沙川貴大 先生

物工には工学部ながら理論の研究室が多くあり、沙川先生は「情報」の物理学、とくに情報熱力学を専門に研究している。趣味は映画鑑賞や美術鑑賞で、映画はハリウッドの大作が好き。

研究室HP:http://noneq.c.u-tokyo.ac.jp

 為ヶ井強 先生

超伝導の研究を長年続けている。大学ではオーケストラでホルンを演奏し、マーラーの楽曲を好んでいたという。また機械いじりが好きで為ヶ井研究室には先生手作りの機械や工具が所狭しと並ぶ。

研究室HP:http://moo.t.u-tokyo.ac.jp/index_tamegai.html

コンセプト

応物研究者の素顔に迫る

応物の研究者の人物像に様々な角度から迫っていきます。東大の研究者の意外な一面が見られるかも?

応物の今を伝える

応物の先生方の目から学生の様子や応物の魅力などをお話いただき、先生方の生の声を通じて「応物の今」を感じていただける企画になります。

 

五月祭の一般来場者の方向けの企画なので、最先端研究の知識は全く必要ありません。応物のことをもっと詳しく知りたい、東大の研究者に会ってみたい…。そんな皆様をお待ちしております。最後にはお客様からの質問も受け付けますので、ぜひ気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

ほかの時間割企画もあわせてどうぞ

企画展「出張企画 〜君も一日応物生!〜」

1日目(5/20) 2日目(5/21)
11:00~12:00 演示実験
光と化学反応」(電磁波班)
テスラコイル」(プラズマ班)
講演
Vocal Treasure ~理想の声を求めて~」(音声処理班)

人生を変えるアルゴリズム」(アルゴリズム班)

12:30~13:30 工作教室
ライントレースカーを作ろう!」(制御班)※一部予約制
学生座談会
応物の生活をモニタリング!」(マネジメント班)
14:00~15:00 教授座談会
応物の今を語る。」(マネジメント班)
工作教室
ライントレースカーを作ろう!」(制御班)※一部予約制
15:30~16:30 講演
Vocal Treasure ~理想の声を求めて~」(音声処理班)

人生を変えるアルゴリズム」(アルゴリズム班)

演示実験
光と化学反応」(電磁波班)
テスラコイル」(プラズマ班)