プラズマ班

企画概要

プラズマという言葉は有名ですが、日常生活には馴染みのない言葉だと思います。プラズマはイオンと電子の混合ガスで高い反応性を持っているため、地球上の環境ではすぐに元に戻ってしまいます。そのためプラズマを見ることができる機会は、雷や溶接など限られています。しかしながら、地球外の宇宙では99%以上の物質がプラズマの状態で存在すると言われています。宇宙の研究を行うほどプラズマが関わってきます。19世紀末に発見されたプラズマは、その性質などが20世紀前半には明らかにされています。

しかし、最近でも新エネルギーの核融合の研究や微細加工、カーボンナノチューブを作成するのに用いられています。また最近では高い反応性を利用してガンを死滅させる研究や化学反応など、物理だけでなく生命科学分野での研究も盛んに行われています。利用分野が多い分野の一つです。

プラズマ班は、電気を使ってプラズマを発生させ観察できるような展示を用意しております。

展示紹介

炎曲げ

プラズマ状態にあるろうそくに電場をかけることで炎が曲がる様子を観察できます。

テスラコイル

共振現象を利用した変圧器により、数十万ボルトという巨大な電圧による放電を観察することが出来ます。

プラズマ鏡

形のないプラズマにより、ラジオ波が反射される様子を見ることが出来ます。

イオンクラフト

小惑星探査機「はやぶさ」などにも応用された、静電気による推進力を用いた飛行物体、イオンクラフトが浮上、加速する様子をお見せします。

原子イオンと電子に分かれた状態「プラズマ」
通常とは違う状態であるために、それは私達の普段暮らしている世界とはまた違う性質を示します。工学博覧会では、不思議なプラズマの性質について私達が解説します。

出張時間割企画

演示実験「テスラコイル」

もっと詳しく

理論冊子

ポスター
炎曲げ
テスラコイル
プラズマ鏡
イオンクラフト